神童ムバッペの“ジャンピングヒールパス”にファン感嘆 「魔法を目撃」「壮大なスキル」

フランス代表FWムバッペ【写真:Getty Images】
フランス代表FWムバッペ【写真:Getty Images】

ネーションズリーグ・ドイツ戦で19歳神童が披露した華麗な足技を大会公式が公開

 フランス代表は現地時間16日、UEFAネーションズリーグ第4節でドイツ代表を2-1で下した。エースのFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)がPK含む2得点の活躍を見せたなか、大会公式ツイッターはFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の華麗なテクニックを紹介している。

 19歳のムバッペはドイツ戦で得点こそ奪えなかったが、勢いあるプレーで相手守備陣を翻弄。英紙「デイリー・エクスプレス」も「電撃的スピード」と、その俊足ぶりに注目していた。

 UEFAネーションズリーグ公式ツイッターは、ムバッペのスピードではなく“足技”に着目。投稿された動画では、ムバッペが浮き球をジャンプしながら右足かかとでミートし、空中で軸足の裏を通す華麗なバックヒールパスを決める決定的瞬間が収められている。コメント欄もファンからの反響で埋め尽くされた。

「壮大なスキル! この男は今後10年間にわたってサッカー界の顔となる」
「スーパームバッペ!」
「私は魔法を目撃した」
「驚くべきプレーヤーだ」

 ムバッペは19歳にしてロシア・ワールドカップ制覇を経験し、さらに優勝チームの10番を背負った。その名を世界に轟かせているが、スピードだけでなく、足元の技術も世界トップレベルにあることを証明した。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング