「至高の守備が悪夢を見たのはいつ以来?」 ウルグアイメディアが日本戦敗戦に嘆き

堅守で知られるウルグアイ守備陣の崩壊を母国メディアが嘆いている【写真:Getty Images】
堅守で知られるウルグアイ守備陣の崩壊を母国メディアが嘆いている【写真:Getty Images】

堅守で知られるウルグアイの守備陣が崩壊「日本のスピードに混乱」

 森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合でFIFAランキング5位のウルグアイ代表と対戦し、4-3の壮絶な打ち合いを制した。母国ウルグアイメディア「El Observador」は「至高の守備がこれほどの悪夢を見たのはいつ以来なのか?」と伝え、堅守で知られるウルグアイ守備陣の崩壊を嘆いている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 12日の国際親善試合パナマ戦(3-0)で勝利した日本に対し、ウルグアイは同日の韓国戦で1-2とまさかの黒星を喫して、この日の対戦を迎えた。FIFAランキング5位の威信をかけ、格下アジア相手の2連敗は避けたいウルグアイだったが、フタを開ければ日本に4失点と持ち味である堅守が完全に崩壊した。

 ウルグアイの最終ラインは主力のDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)を負傷で欠いていたものの、世界屈指のディフェンスリーダーであるDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)が先発に名を連ねていた。しかし、序盤から日本のスピードあふれる攻撃に手を焼き、MF南野拓実(ザルツブルク)に先制点を許すと、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)に追加点を奪われ、最後は再び南野にネットを揺らされ決勝ゴールを与える格好となった。

「ウルグアイの守備陣はここ最近苦しみに悶えているが、日本の選手たちが披露したスピードは自陣ゴール前においてほとんどアンストッパブルだった。ゴディンは疲労の表情を浮かべ、コアテスもくたびれており、日本相手に舵を取れないことに苛立ちを覚えていた。堅守の守備に何が起こったのか? 原因は一つだけではないが、日本のスピードに混乱していた」


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング