「僕よりチームを助けてた」 3戦連発の南野が指名したウルグアイ戦勝利の立役者は?

日本代表MF南野拓実【写真:田口有史】
日本代表MF南野拓実【写真:田口有史】

代表自身初の1試合2ゴールで強豪ウルグアイ撃破を牽引「自信になる」

 日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で殊勲の2ゴールを決め、4-3の勝利に大きく貢献した。森保一監督体制が発足して3戦連発となった南野は試合後、勝利の立役者となった存在にFW大迫勇也(ブレーメン)を挙げている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は序盤から攻勢に出ると、トップ下の南野が前半10分にいきなりスコアを動かす。左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで華麗な反転ターンを披露。そのまま右足を一閃し、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラのセーブを弾くようにしてゴールネットを揺らした。

 さらに3-2で迎えた後半21分には、MF堂安律(フローニンゲン)が左足シュートを放ったところを相手GKが弾き、そのこぼれ球を南野が右足のダイレクトボレーで押し込んでこの日2点目を挙げた。壮絶な打ち合いの末に、南米の強豪ウルグアイを破る戦いに貢献した南野は、激闘を振り返った。

「いつも通りでした。相手が強いのは分かっていましたけど、だから自分が気負うこともないし、チームとしてしっかり戦う。そのために自分が何をすべきかを整理して臨むことができました。今日2ゴールできたのは自信になると思いますけど、アジアカップまでのなかで監督にアピールできたのは良かった」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング