豪州代表に新たな歴史 アフリカ出身の幼馴染二人が歓喜のデビュー劇「超現実的」

南スーダンにルーツを持つメイビルとデンが代表デビューを飾った【写真:Getty Images】
南スーダンにルーツを持つメイビルとデンが代表デビューを飾った【写真:Getty Images】

親善試合クウェート戦で南スーダンにルーツを持つメイビルとデンが代表デビュー

 オーストラリア代表で二人の選手が信じられないようなサクセスストーリーを実現させた。ともに南スーダンにルーツを持ち、ケニアの難民キャンプで生まれ育った幼馴染のDFトーマス・デン(メルボルン・ビクトリー)とFWアワー・メイビル(ミッティラン)が現地時間15日に行われた国際親善試合のクウェート戦(4-0)で揃って代表デビューを飾った。

 21歳のデンと23歳のメイビル。二人は似た境遇で育ち、難民としてオーストラリアに移住してサッカーを始めた。オーストラリアのアデレードで同じ学校に通い、同じサッカークラブでプレーするなど幼少期をともに過ごしたという。

 そんなアフリカ出身の二人が同じ試合でオーストラリア代表デビューを果たすことになるとは誰が想像しただろうか。敵地でのクウェート戦、メイビルは後半28分にMFマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)と、デンは同31分にDFジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ)との交代でピッチに立った。

 さらに、メイビルは終了間際の後半43分に初得点もマークし、記念の試合に花を添えた。デンのパスカットが起点となり、FWトミ・ユリッチ(ルツェルン)のアシストを受けてのゴール。真っ先に祝福に駆け寄ったのも親友のデンだった。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング