2戦連発の南野拓実、日本代表“新エース”に名乗り 「分かりやすい結果を意識していた」

2戦連続ゴールを挙げた南野拓実【写真:田口有史】
2戦連続ゴールを挙げた南野拓実【写真:田口有史】

コスタリカ戦に続きパナマ相手にゴール 「アピールしたいという思いがあった」

 日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は、12日に行われたパナマ代表との国際親善試合で先制点を決め、3-0の勝利に貢献した。試合後、殊勲のアタッカーは「攻撃的なポジションでプレーしていたので、分かりやすい結果を意識していた」と、ゴールに直結する仕事を全うしたことに満足感を示した。

 スコアが動いたのは前半42分だった。中盤でMF青山敏弘が前を向くと、最前線の中央に入った南野の足下にグラウンダーのボールが入った。相手を背負いながらペナルティーアーク付近でボールを受けた南野は、背後からのプレッシャーにも動じることなく反転し、目の前のDFを左足方向に持ち出すドリブルで振り切ると、そのまま左足で相手GKの足下を抜いてゴールに流し込んだ。

 試合後、南野はアタッカーの役割を担ううえで、ゴールに直結する仕事で勝利に貢献する意志を持ってピッチに立ったと口にしている。

「アジアカップまでのサバイバルの中で、チームの勝利に貢献したい、アピールしたいという思いがあった。今日は勝利に貢献できて良かった。攻撃的なポジションでプレーしていたので、分かりやすい結果は意識していた。チームの勝利にこだわろうという話をしていたので、勝てて良かった」

 また、序盤にボールロストしてしまう場面があったことも振り返ったうえで、MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)のアシストについても触れた。

「立ち上がりにバタバタした部分があり、個人としても簡単に取られる場面があった。もっと前を向いて仕掛けることを意識したい。青山さんから良いボールが入ったので、ターンしてゴールに向かおうと、トラップする前から考えていた。ゴールにつながって良かった」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング