元フランス代表の“問題児”ナスリ、2年ぶりプレミア復帰? エバートンの獲得候補浮上

元フランス代表MFサミル・ナスリ【写真:Getty Images】
元フランス代表MFサミル・ナスリ【写真:Getty Images】

ドーピング違反で長期出場停止中も今年11月からクラブの練習に参加可能

 プレミアリーグ11位と苦戦中のエバートンが驚きの補強を画策しているようだ。英紙「デイリー・メール」は、ドーピング違反で長期出場停止中の元フランス代表MFサミル・ナスリの獲得を検討していると報じた。

 アーセナルやマンチェスター・シティでプレーし、プレミアリーグ優勝経験も持つナスリ。今年1月までトルコのアンタルヤスポルでプレーしていたが、現在は無所属。セビージャ時代(2016-17シーズン)のドーピング違反が明らかとなり、UEFAから18カ月間の出場停止処分を受けていた。

 処分は2017年7月からの適用となるため、試合出場が可能となるのは来年1月から。しかし、クラブでの練習は今年11月から可能になる。そのため、エバートンは後半戦に向けた補強としてナスリに目をつけたようだ。

 記事によれば、マルコ・シウバ監督は攻撃の要であるブラジル代表FWリシャルリソン、アイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンのバックアップとなるクリエイティブなアタッカーを求めており、そこに合致するのがナスリということになりそうだ。

 31歳となった問題児ナスリは、2016年夏以来となるプレミアリーグの舞台に戻ってくるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング