パナマ代表監督、日本協会との“約束”明かす 「W杯メンバー15人以上の合意があった」

「パナマ代表がベストな状態でないのは事実」

 さらにステンペル監督は「パナマ代表がベストな状態でないのは事実。日本に到着後は時差や長旅の疲れからの回復に努めてきたが、全員での練習はできていない。その状況はもともと分かっていたし、受け入れている。明日は90分、このコンディションの中でできるだけのサッカーをして、パナマ代表のイメージを高めたい」とも話した。

 望んだメンバー構成でないうえに臨戦過程も順調とは言えないパナマに対し、森保一監督率いる日本代表はどのようなサッカーを見せることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング