「日本人による祝祭」 中島翔哉の大活躍に現地メディア脱帽「今やリーグ最高の選手」

ポルティモネンセのMF中島翔哉【写真:PORTIMONENSE SAD】
ポルティモネンセのMF中島翔哉【写真:PORTIMONENSE SAD】

2得点2アシストと大車輪の活躍を見せた中島 「悪夢をもたらす」

 ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉は、現地時間7日に行われたポルトガルリーグ第7節スポルティングCP戦で2得点2アシストと大活躍し、4-2の勝利の立役者となった。現地ポルトガルメディアは、中島のパフォーマンスに脱帽している。

 0-0で迎えた前半30分にDFウィルソン・マナファの先制点をアシストすると、同44分に今度はマナファのパスを中島がダイレクトで合わせ追加点をあげた。後半37分にはペナルティーエリア外から右足を振り抜き、この日2点目を奪うと、同アディショナルタイムには途中出場のFWジョアン・カルロスのゴールをお膳立てし、全得点に絡む大車輪の活躍を披露した。

 ポルトガルメディア「zerozero」は、「ライオン(スポルティングの愛称)に悪夢をもたらす」との見出しでこの試合を特集し、最優秀選手に中島を選出している。

「日本人による祝祭。テクニックで違いを作り出し、試合を通してスポルティングの守備陣に頭痛を与え続けた。信じられないようなスピードを武器に、ポルティモネンセの4つのゴールに結びつけた。今やリーグ最高の選手の一人だ」

 ポルティモネンセは現在13位と開幕ダッシュに失敗し、波に乗り切れない時期が続いていたが、今後浮上していくためには、エースの貫禄を漂わせている中島の活躍が不可欠となるはずだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング