中島翔哉が“弾丸ショット”2発で名門撃破! 地元紙もゴラッソ称賛「素晴らしいキック」

ポルティモネンセのMF中島翔哉【写真:PORTIMONENSE SAD】
ポルティモネンセのMF中島翔哉【写真:PORTIMONENSE SAD】

ポルティモネンセがスポルティングCPに4-2勝利 中島が2得点2アシストの大暴れ

 ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、国内屈指の強豪相手に圧倒的なクオリティーを見せつけた。現地時間7日に行われたポルトガルリーグ第7節スポルティングCP戦にフル出場し、2ゴール2アシストの大暴れで4-2の勝利に大きく貢献。地元メディアでは、そのファインゴールが動画で紹介されている。

 今季勝ち点を伸ばせずにいるポルティモネンセのなかで苦闘が続いていた中島だが、この日は得意ポジションの3トップ左で躍動する。前半30分に中島とワンツーで絡んだMFウィルソン・マナファが抜け出しゴール。幸先良く先制点をアシストした。そして同44分には中島のヒールパスを起点に、今度はマナファからのパスを受けて中島が右足ダイレクトで合わせて追加点をゲットした。

 この勢いは後半も続く。1点を返された同37分には、右CKからのこぼれ球をペナルティーエリア外から右足で流し込んで3-1に。チームはその後、再び1点差に詰め寄られるも、アディショナルタイムには中島がFWジョアン・カルロスへのパスを通し、チーム4点目を決めて勝負あった。

 中島の八面六臂の活躍ぶりを称えているのは、ポルトガル紙「ア・ボラ」だ。「ナカジマは彼のくちばしをライオン(スポルティングのロゴマーク)の目に突き刺した」と、名門相手に致命傷を負わせ続けた90分間を称賛。この日の2点目については動画付きで紹介しており、「日本人ストライカーは素晴らしいキックでライオンズのエリアを打ち破り、この日の試合の主役となった」と絶賛されている。

 中島は森保一監督率いる日本代表の初陣、9月のコスタリカ戦(3-0)で背番号10をつけて躍動したのは記憶に新しい。10月シリーズのパナマ戦(12日)、ウルグアイ戦(16日)に向けて最高の状態で代表チームに合流するだけに、期待は高まる一方だ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング