浦和MF橋岡大樹、大先輩・槙野も「明るい未来が見えた」と語るプロ初ゴールの意義

プロ初ゴールを挙げたMF橋岡大樹【写真:Getty Images】
プロ初ゴールを挙げたMF橋岡大樹【写真:Getty Images】

仙台戦で長澤のロングフィードを頭で仕留めて先制弾「ボールが来ると思っていた」

 浦和レッズのMF橋岡大樹は、7日のJ1第29節の敵地ベガルタ仙台戦でプロ初ゴールとなる先制弾をマークした。チームは1-1で引き分けたが、得点の瞬間のことを「嬉しすぎてどう喜んでいいか分からなかった」と振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 右ウイングバックでスタメン出場の橋岡に歓喜の瞬間が訪れたのは、前半24分だった。自陣の左サイドでMF宇賀神友弥が縦にスローインを入れると、FW興梠慎三が巧みなターンで前進。MF長澤和輝に短いバックパスをつなぐと、その瞬間に橋岡は手を挙げて存在をアピールしながら一気にゴール前へと斜めに走り込んでいった。

「長澤選手が持った時に真ん中が空いていたので、斜めに走ったところをしっかり見てくれて、本当に良いボールが来たので迷いなく頭で行きました。来ると思っていたので、良い準備をして上手く初ゴールになって良かったです」

 仙台の日本代表GKシュミット・ダニエルも距離を詰めてきて簡単な状況ではなかったが、橋岡が頭で合わせたボールは見事に身長197センチの相手の頭上を抜いてゴールに吸い込まれた。昨季は浦和ユース所属のままルヴァンカップでプロデビュー。今季昇格1年目にしてレギュラーを勝ち取っている橋岡にとって、嬉しい初ゴールになった。

 その橋岡は、この仙台戦を最後に一度チームを離れる。来年のU-20ワールドカップを目指すU-19日本代表に選出され、アジア最終予選となる大会に臨むからだ。18日からインドネシアで開催される戦いに向け、同期昇格のDF荻原拓也とともに日本代表へ選ばれた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング