湘南×RIZAPの全貌 チーフトレーナーが語る「結果にコミットする」革新的プロジェクト

J1湘南ベルマーレ【写真:湘南ベルマーレ】
J1湘南ベルマーレ【写真:湘南ベルマーレ】

元柏U-18所属の管野氏がパフォーマンスアップチーフトレーナーとして指導

 今年4月、湘南ベルマーレの経営権をフィットネスジム事業などを幅広く展開する「RIZAPグループ」が取得した。2020年までの3年間で戦略的投資は10億円以上、そのメインには「選手の育成/環境の構築」が掲げられている。ファンやサポーターをアッと驚かせた発表から約6カ月、その具体的な取り組みと成果を訊くべく、6月からパフォーマンスアップチーフトレーナーとしてチームに加わったRIZAPトレーナーの管野翔太氏を直撃した。

 RIZAPと言えば、「結果にコミットする」というキャッチフレーズとインパクトの強いテレビCMが印象的だろう。ダイエットや肉体改造のイメージが強い分、選手たちは少なからず不安があったようだ。キャプテンのFW高山薫は「サッカーに活用できるかは未知の部分があった」と明かす。しかし、その心配も杞憂に終わったという。

「ダイエットとサッカーをどう結びつけるんだろうと、正直最初はネガティブに受け止めていました。でも、そのイメージは全く違っていた。トレーナー(管野氏)は知識もあるし、それをどうサッカーに生かせるか考えてくれるので、すごく頼りにしています」

 管野氏は、かつて柏レイソルU-18に所属し、2歳年下の日本代表DF酒井宏樹ともプレー。元日本代表FW工藤壮人(現サンフレッチェ広島)やDF輪湖直樹(現アビスパ福岡)らも輩出しているリーグ屈指の下部組織で積んだ経験が、トレーニングの“入口”となる信頼関係を築くうえで大きな役割を果たした。

「サッカーの理屈やフィジカル以前に、人として関わるうえでサッカー選手だったことは非常に大きなアドバンテージになりました。例えば、水泳をやっているトレーナーの話と、柏レイソルユースでプレーしていたというトレーナーの話は、どちらが良い悪いではなく、同じ内容を喋っていてもやはり聞き手の入り方が違うはずです。そういう意味では、サッカーをやっていて良かったなと思います(笑)。実際に入ってみて感じたのは、湘南ベルマーレには、練習をはじめ何事にも選手が一生懸命取り組むというパーソナリティーがあるということです」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング