バルサMFブスケッツ、“反転×バックヒール”の絶妙股抜きに称賛 「DFは石と化した」

バルサMFブスケッツ【写真:Getty Images】
バルサMFブスケッツ【写真:Getty Images】

練習時のパス回しで鬼役ヴェルメーレンの股を鮮やかに抜いてチームメイトも脱帽

 バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは現地時間27日、クラブと2023年まで契約延長し、違約金が5億ユーロ(約650億円)に上ることが話題となった。金額はもちろんのこと、生え抜きプレーメーカーはテクニックも一級品だ。練習中に反転しながらバックヒールで鬼役の股を抜く美技を披露し、「魔法の足」「DFは石と化した」と称賛されている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 注目のシーンが生まれたのは、現地時間29日のリーガ・エスパニョーラ第7節アスレティック・ビルバオ戦前のチーム練習だった。

 恒例のロンド(ボール回し)で、ブスケッツは右側から来たパスを右足でトラップ。そのままボールを足に吸い付けるようにコントロールしながら自らも反転し、最後は右足かかとでヒットして“鬼役”のベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの股を見事に抜いてみせた。

 一瞬の出来事にヴェルメーレンも思わず両手を広げて脱帽。このプレーを欧州メディアもこぞって取り上げている。

 衛星放送「ユーロスポーツ」は、「ブスケッツが魔法の足でチームメイトを驚かせ、ヴェルメーレンを老けさせる」と称賛。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が「ヴェルメーレンはブスケッツの股抜きを予期していなかった」と取り上げ、「ヴェルメーレンはこの股抜きを忘れないだろう」と伝えれば、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「ヴェルメーレンは石と化した」とベルギー代表の実力者を無効化したと報じた。

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現J1ヴィッセル神戸)が退団し、中盤を支えるリーダーとして一層期待が懸けられるブスケッツ。チームをさらなる高みに導けるか、目が離せない。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング