「リアルキャプテン翼くん!」 元日本代表MFも驚愕 中島翔哉の漫画級“超絶タッチ弾”

ギマラエス戦で2得点1アシストの活躍を見せたポルティモネンセMF中島【写真:Getty Images】
ギマラエス戦で2得点1アシストの活躍を見せたポルティモネンセMF中島【写真:Getty Images】

ポルティモネンセ中島が2得点1アシストと大爆発、石川直宏氏も華麗なプレーに反応

 ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、現地時間23日のリーグ第5節ギマラエス戦(3-2)で2得点1アシストの活躍を見せ、チームに今季初の勝ち点3をもたらした。ポルトガルで2年目を戦うアタッカーの華麗なプレーに、元日本代表MF石川直宏氏も「リアルキャプテン翼くん!」と驚愕している。

 森保一体制の新生日本代表で10番を背負った中島が、前半5分にいきなり魅せた。背後からのロングボールに反応すると、右足でピタリと正確なトラップを披露。巧みに足下に収めてキープすると、相手DFに囲まれながらも左足でシュートを放ち、ネットを揺らした。

 1-1で迎えた後半24分には、左サイドからパウリーニョへパスを通し、勝ち越しゴールをお膳立てした中島。2-2に追いつかれて迎えた同41分には相手DFのクリアミスを拾って独走し、GKとの1対1の場面でシャペウ(ポルトガルで帽子の意。浮き球で相手の頭上を抜くプレー)を見せ、勝ち越しゴールを決めた。

 海外メディアも日本人アタッカーの働きを称賛したなか、元日本代表MFの石川氏も反応。公式ツイッターで「ボールは友達」と綴り、「リアルキャプテン翼くんだな!!」と絶賛した。現役時代、横浜F・マリノスとFC東京で快足アタッカーとして名を馳せた石川氏だが、漫画の世界のような中島のボールタッチに惚れ込んだようだ。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング