独代表引退のエジル、ボアテングの擁護コメントに感謝 「君は代表で苦しい時も…」

エジルがSNSで反応「君の言葉に感謝しているよ」

 ボアテングはさらに「重要なのは、写真のアクションのことじゃない。僕らと一緒に世界王者となり、多くの代表戦に出場し、ドイツサッカーをさらに一歩変化させてくれた選手だということだ。移民の背景を持つ10番の選手なんだ。彼にはありがとうと言うべきだ。黙っているなんて残念だよ」とコメント。誰もがエジルの力を必要としていたはずだとし、その功績を称え、感謝を伝えるべきだとの見解を示していた。

 これに対し、エジルは21日に自身のインスタグラムのストーリー上で、「君の言葉に感謝しているよ、兄弟。君は代表で、苦しい時期もそこにいてくれたチームメイトだった」と綴り、元同僚の率直なサポートに感謝の言葉を述べている。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング