メルボルン・Vの本田圭佑、新天地の豪州文化に驚き 「僕のための交通渋滞はない」

今季からメルボルン・ビクトリーに加入したMF本田【写真:Getty Images】
今季からメルボルン・ビクトリーに加入したMF本田【写真:Getty Images】

アジアのビッグネーム本田を豪州紙が特集「どれだけ長い旅をしてきたかの指標」

 MF本田圭佑はロシア・ワールドカップ(W杯)後、カンボジア代表を実質的に指揮する立場に就いた一方で、今季から現役選手としてAリーグのメルボルン・ビクトリー加入を決断した。日本を代表するビッグネームの存在は現地でも話題になっており、地元メディア「ブリスベン・タイムス」が特集。本田自身もオーストラリアの文化について大いに語っている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

「ホンダは円滑だ:ビクトリーの道は、全てハードワークに通じる」

 同紙はAリーグに来日した本田について、「彼はアジアサッカーにおいて最もビッグネームである選手の一人だ。ヨーロッパや中米のビッグクラブ、そして今はオーストラリア最大のクラブでプレーする彼のキャリアは、どれだけ長い旅をしてきたかの指標だ」とリスペクトの念を送っている。

 そんな本田は現在、Aリーグに向けてのトレーニングでコンディションを上げている最中だ。ただし、サッカーが大人気だった国と比べると、オーストラリアの違いはいろいろところに感じているようだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング