鹿島がクラブ史上初のACL4強進出 天津権健に3-0完勝、準決勝で“日韓対決”へ

第1戦に続く2戦連続ゴールを挙げたセルジーニョ【写真:Getty Images】
第1戦に続く2戦連続ゴールを挙げたセルジーニョ【写真:Getty Images】

第1戦で2-0と勝利した鹿島、第2戦も制して2戦合計5-0と中国の天津権健を圧倒

 鹿島アントラーズがクラブ史上初となるアジアの4強入りを決めた。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は18日に準々決勝の第2戦が行われ、鹿島は天津権健(中国)に3-0と勝利し、2戦合計5-0で突破を決めた。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 8月28日の第1戦で鹿島はホームに天津権健を迎え撃ち2-0の完勝を収めた。この第2戦は、勝利や引き分けはもちろんのこと、敗れても1点差なら無条件、2点差をつけられてもアウェーゴールを奪っていれば突破という優位な状況で第2戦(中立地のマカオ開催)を迎えた。

 ホームで2点を追う状況の天津権健はいきなり猛攻に出た。前半3分、左サイドからのクロスをニアサイドでつなぐと、ゴール正面の元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが強烈な右足ボレー。これはGKクォン・スンテの正面に飛び、鹿島は難を逃れた。

 そうしたなかで鹿島は先制点を手にした。同13分、右コーナーキックを得るとMF遠藤康がゴール前にボールを入れ、合わせたのは相手GKの前に立っていたFWセルジーニョ。GKを抑え込むようにしてヘディングで流し込み、鹿島が1-0とリードした。

 同24分には天津権健がセットプレーから立て続けにゴール前に迫った。クォン・スンテがパンチングで弾いたボールをペナルティーエリア外からパトがボレーで狙ったシュートは、DF内田篤人がゴールライン上でクリアして同点ゴールを許さず。同27分、鹿島はその内田が攻撃参加して右サイドを切り崩すと、マイナスの折り返しをMF安部裕葵が蹴り込んで追加点。これで2-0となり、2戦合計4-0と鹿島がリードを広げて前半の戦いを終えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング