「自分のプレーを曲げない」 東京五輪世代のジョーカー役、FW上田綺世が韓国戦へ意欲

「韓国はオーバーエイジを使いながら勝ちに来ているけど、負ける気はしない」

 アシストをしてくれた渡辺を称えつつも、ゴールゲッターである自分の仕事を完遂できたことに自負を感じさせた。決勝の相手はFWソン・フンミン(トットナム)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)らを擁する韓国。東京五輪に向けて格好の腕試しと言えるが、ここでも上田はこう話している。

「相手が誰だろうと自分のプレーを曲げない。(韓国は)オーバーエイジを使いながら勝ちに来ているけど、負ける気はしない。良いコンディションで勝ちにいきたい」

 一戦ごとに逞しさを増す若き日本。上田もその一員として、決戦に向けて万全の準備をして臨む。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング