「自分のプレーを曲げない」 東京五輪世代のジョーカー役、FW上田綺世が韓国戦へ意欲

UAE戦で決勝ゴールを決めたFW上田【写真:Getty Images】
UAE戦で決勝ゴールを決めたFW上田【写真:Getty Images】

渡辺のパスカットから上田がフィニッシュ「パスで8割以上決まったな、と」

 東京五輪世代のジョーカーはFW上田綺世(法政大)だ――。そう印象づけるようなアジア大会での暴れぶりだ。アジア大会男子サッカー準決勝で森保一監督率いるU-21日本代表は、途中出場した上田の値千金の一撃で1-0と勝利した。殊勲の上田は試合後のインタビューで決勝の日韓戦に向けて「自分のプレーを曲げない」と強い意志を見せた。

 膠着した展開を振り払う弾道の一撃だった。日本は前半、鋭い出足からの手数をかけない攻めで迫ったが、なかなかゴールを割れない。しかし、流れを変えたのは後半19分にピッチに送り出された上田だった。

 投入直後に縦パスのフリックからFW前田大然(松本山雅FC)をフリーにしてシュートを導くなどリズムを作ると、後半33分にMF渡辺皓太(東京ヴェルディ)の素早いボールカットからのスルーパスを上田がフリーで受ける。これをクロスバーに当てながら決め切り、1-0。今大会2点目はグループリーグ・マレーシア戦に続く貴重な決勝点となった。

「自分の仕事は理解している。成し遂げられて良かった。パスで8割以上決まったな、と。僕は仕上げただけで渡辺選手のゴールのようなもの。途中から出たら点が出るのは自分の仕事。どれだけ焦れずに自分の仕事ができるかです」

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング