西野ジャパン相手にゴールのガーナ代表MF、サポーターのメガネ破壊…粋な計らいで称賛

アトレチコMFパーティ【写真:Getty Images】
アトレチコMFパーティ【写真:Getty Images】

アトレチコMFパーティ、バレンシア戦終了後にボールを蹴ってサポーターの顔面直撃

 アトレチコ・マドリードのガーナ代表MFトーマス・パーティが、アクシデントで眼鏡を破壊してしまったサポーターを捜索し、ツイッターで謝罪のメッセージを送るという粋な計らいで称賛されている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

「おはよう、ホセ! 昨日の夜、メスタージャで君にボールを当ててしまったことに気づいたんだ。無事であることを祈っています。メガネも本当にごめんなさい。わざとではなかったんだ」

 パーティはツイッターでこうメッセージを送った。20日の敵地バレンシア戦に出場したパーティは終盤に途中出場。1-1ドローで試合終了のホイッスルが鳴り響くと、思い切りボールをスタンドへと蹴り出した。このボールがホセさんの顔面に直撃し、メガネが壊れ、まぶたに数針縫う怪我を負っていた。翌日、パーティはツイッター上でこの男性サポーターを突き止め、そして直接謝罪メッセージを送ったのだ。

 謝罪のメッセージを受け取ったホセさんも「謝ってくれて本当にありがとう、トーマス。心配してくれた皆さんも本当にありがとうございます。よろしく!」と返信。わだかまりを見せなかった。

 パーティは5月30日、西野朗監督(当時)が率いる日本代表のワールドカップ直前国内壮行試合となったガーナ戦に出場。前半9分に直接FKで先制点を叩き込むなど、2-0勝利の主役となっていた。

 トーマスの粋な計らいをスペイン紙「アス」も注目。「トーマスがメガネ破壊でファンに謝罪」と特集。このバレンシア戦で、トーマスは敵地ファンからフェアプレー精神を称えられ、スタンディングオベーションを受けていたという。アトレチコのカウンターの絶好機だったが、相手MFダニ・パレホが負傷でピッチに倒れており、治療のためボールを外に出していた。

「スポーツマンシップの夜」と称賛されたが、パーティの人間性が注目を集める形となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング