バルサ、イニエスタ後継者候補の19歳が美技アシストで脚光 「神のヒール」「宝石」

イニエスタ後継者候補の一人として期待されているプイグ【写真:Getty Images】
イニエスタ後継者候補の一人として期待されているプイグ【写真:Getty Images】

カンテラ出身のプイグがバルサBのプレシーズンマッチで華麗なヒールアシストを披露

 バルセロナにとって新シーズンの大きな注目点は、J1ヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの後継者だろう。プレシーズンで希代の司令塔が着けていた8番を纏った下部組織出身の19歳が、かかとを巧みに使って華麗なアシストを決め、地元メディアから「神のヒール」「バルサファンにとって宝石」と称賛されている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 バルサの下部チームであるバルセロナBは18日、26日のセグンダB開幕を前にコルネラとプレシーズンマッチを開催。3-1で勝利を収めたが、輝きを放ったのが19歳のMFリカール・プイグだった。

 1-0で迎えた前半13分、後方からの鋭いフィードをペナルティーエリア内で胸トラップしたプイグは、ジャンプしながら右足ヒールでボールのコースを変え、FWラファ・ムジカにパス。これを相手GKと1対1となったムジカが冷静に流し込み、バルセロナBが追加点を奪った。

 プイグは7月のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)トットナム戦(2-2)でイニエスタが着用していた背番号8を着用してプレーするなど、後継者候補の一人として期待を集める下部組織出身のMFだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング