カーディフGKがプレミア初の快挙 ニューカッスル戦でデビューから2試合連続PK阻止

カーディフGKエザリッジ【写真:Getty Images】
カーディフGKエザリッジ【写真:Getty Images】

プレミア初のフィリピン人選手エザリッジが武藤の獲得したPKをストップ

 プレミアリーグ昇格組のカーディフでプレーするフィリピン代表GKニール・エザリッジが、18日の第2節ニューカッスル戦(0-0)の試合終了間際に相手FWケネディのPKをストップし、チームを敗戦の危機から救った。プレミアリーグ初のフィリピン人選手という守護神は、プレミア初となるデビューから2試合連続のPKストップという離れ業を成し遂げた。

 エザリッジは開幕戦のボーンマス戦でプレミアリーグデビューを飾り、フィリピン人選手初のプレミアリーガーとなった。試合は0-2で敗れたが、前半34分にFWカラム・ウィルソンのPKをストップして存在感を示した。

 そして、今季最初のホームゲームとなったニューカッスル戦でもエザリッチはスタメン出場。0-0で迎えた後半アディショナルタイム5分に日本代表FW武藤嘉紀のクロスがDFの手に当たってPKとなり、カーディフは大ピンチを迎えた。しかし、ブラジル人FWケネディのキックはコースが甘く、エザリッチがセーブして窮地を脱した。

 英公共放送「BBC」によれば、エザリッジはプレミアリーグ初のフィリピン人選手というだけでなく、プレミアリーグでデビューから2試合連続でPKストップを記録した最初の選手になったという。勝利こそ逃したが、クリーンシート(無失点試合)で今季初の勝ち点獲得に貢献した。

 マン・オブ・ザ・マッチには左サイドから何度もチャンスを演出したカーディフMFジョシュ・マーフィーが選出されたが、チームを救った守護神も称賛に値するパフォーマンスだった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング