ブラジル代表、9月招集の24人発表 大幅入れ替えでプレミア王者マンCから選出ゼロ

ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】
ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】

ロシアW杯のメンバーは13人のみ マルセロやジェズスら常連組が不選出

 ブラジルサッカー連盟が現地時間17日、9月に行なわれる親善試合に向けたブラジル代表メンバー24名を発表した。ロシア・ワールドカップ(W杯)が終わって最初の代表活動となるが、メンバーは大きく入れ替わっている。

 不動のエースであるパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールやディフェンスリーダーのDFチアゴ・シウバ(PSG)、守護神のGKアリソン(リバプール)、MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)といった主力は順当に選ばれた。

 しかし、DFマルセロ(レアル・マドリード)やDFミランダ(インテル)といった常連組が不選出。ロシアW杯では背番号9を背負ったFWガブリエル・ジェズスや、MFフェルナンジーニョ、GKエデルソンの名もリストにはなく、プレミアリーグ王者マンチェスター・シティからは選出ゼロだった。

 マンチェスター・ユナイテッドでレギュラー獲りをアピールするMFアンドレアス・ペレイラやバルセロナへ新加入したMFアルトゥールらも名を連ね、若い力も台頭がうかがえる。

 今回招集を受けた24選手のうち、ロシアW杯メンバーは13人のみ。陣容が大きく入れ変わる結果となった。2022年まで契約延長したチッチ監督下で再始動となるカナリア軍団は9月7日にアメリカ、11日にエルサルバドルと対戦する。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング