トーレスにフォルラン、アグエロも… リーガ公式がアトレチコ歴代ストライカーを特集

(左から)アグエロ、F・トーレス、グリーズマン、フォルラン【写真:Getty Images】
(左から)アグエロ、F・トーレス、グリーズマン、フォルラン【写真:Getty Images】

アトレチコに在籍した歴代ストライカーを、スーパーゴールとともに紹介

 スペインの強豪アトレチコ・マドリードには近年、世界最高峰のストライカーが数多く在籍してきた。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは、アトレチコのエースを務めてきた歴代ストライカーを、スーパーゴールとともに特集している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 真っ先に紹介されたのは、現在マンチェスター・シティでエースを務めるFWアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロだ。2006年から5年間、アトレチコのエースとして活躍し、リーグ戦通算175試合74ゴールを記録した。

 続いて登場したのは、現在香港リーグの傑志SCでプレーする元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン。14年からの1年半、セレッソ大阪に在籍したキャリアを持つフォルランは、アトレチコに07年から4シーズン所属し、アグエロと強力な2トップを形成した。

 その後、現ASモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、続いて現在アトレチコで2トップを組むスペイン代表FWジエゴ・コスタとフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが紹介された。

 そして大トリを飾ったのが、現在サガン鳥栖に在籍する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスだ。下部組織で育ったトーレスは、16歳でトップデビューを果たすと、19歳には主将を託されるまでの存在になった。その後、リバプールやチェルシー、ACミランに活躍の場を移すも15年にアトレチコへ帰還。クラブの象徴的な選手として、鳥栖へ去った今も圧倒的な人気を誇っている。

 数々の名ストライカーが躍動したアトレチコで、今後も新たな世界的スターが誕生するのだろうか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング