C・ロナウドの凡ミスにユベントス同僚が“爆笑ダンス” 動画公開でファン反応「偽物だ」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

ユベントス公式ツイッターが“サッカーバレー”の映像を公開し反響

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今夏に移籍金1億1200万ユーロ(約146億円)で9年間を過ごしたレアル・マドリードからユベントスに加入。セリエA7連覇中の絶対王者でどのようなプレーを見せるのか注目が集まるなか、主力選手とのコミュニケーションを深めているようだ。ユベントス公式ツイッターが1本の動画を公開し、スーパースターの凡ミスに同僚が大喜びしたと、英紙「デイリー・スター」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 公開された動画は、“サッカーバレー”の様子を映したものだった。ロナウドは今夏古巣復帰を果たしたイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチとコンビを組み、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとブラジル代表FWドウグラス・コスタのチームと対戦。ボールを地面に落とさず、二人で交互に3回タッチして相手コートにボールを返していく。

 ゲームは画面左側のディバラのサーブでスタート。画面右側のロナウドが胸トラップし、ボヌッチが頭でトスすると、ロナウドは相手コートへ強烈なヘディングを見舞った。そのボールをコスタが拾って高く上げると、ディバラがヒールでつなぎ、コスタがヘディングで相手コートに戻した。

 このボールはそれほど強烈なものではなく、コースもロナウドの利き足である右足に飛んだ。ところがロナウドは右足で蹴り上げようとするも、ボールは自身の右側にいたボヌッチの方向とは真逆の左側に飛ぶというまさかの凡ミス。5度のバロンドール受賞を誇るスーパースターのまさかの失態に、ディバラとコスタは大喜びし、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが披露して話題になった謎のダンスで歓喜を露わにした。

 この動画のリプライ欄には「ロナウドの偽物だ」「ロナウド(泣)」「大爆笑」などの声が上がっており、なかには「ロナウドはコントロールはあまり上手くないんだ」とフォローするようなコメントも届いていた。

 コスタも同じ動画を自身の公式インスタグラムに、爆笑の絵文字とともに投稿。アメリカでのインターナショナル・チャレンジカップには参戦せず、トリノでディバラらと調整を進めてきたなか、ロナウドはユベントスで新たなチームメイトとの交流を深めているようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング