乾加入のベティス、37歳主将の華麗な股抜きドリブルに反響 「もはやアーティスト」

ベティスのMFホアキン・サンチェス(右)が華麗な足技を披露【写真:Getty Images】
ベティスのMFホアキン・サンチェス(右)が華麗な足技を披露【写真:Getty Images】

ホアキンがリールとの親善試合で巧みなボールコントロールを披露

 日本代表MF乾貴士が加入したスペインの古豪ベティスは、現地時間7月28日にフランス1部リールと親善試合を実施。試合は2-2の引き分けに終わったなか、チーム最年長も元スペイン代表MFが見せた華麗な足技に、「もはやアーティスト」「スーパーサイヤ人」と称賛の声が挙がっている。

 昨季リーグ6位に入り、UEFAヨーロッパリーグの出場権を手にしたベティスは今オフ、乾の他に、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョや元U-21スペイン代表MFセルヒオ・カナレスらを獲得した。

 8月17日のリーグ開幕戦レバンテ戦に向けて調整を続けるなか、7月28日にはリールと親善試合を実施。ベティス公式ツイッターは、試合のあるワンシーンの動画を公開している。

 リールのパスミスを奪ったベティスは、中盤にいた元スペイン代表MFホアキン・サンチェスにくさびが入る。37歳の大ベテランは左足でトラップした瞬間、右足アウトサイドで右側に持ち出して、プレッシャーをかけに来たマーカーを鮮やかに股抜き。さらに、カバーに来た相手選手二人の間を鋭い切り返しで割ってみせた。直後にファウルを受けてゴールには直結しなかったものの、ベティスが「37歳? 本当に?」とメッセージを添えると、投稿のコメント欄にはファンからも驚きの声が並んだ。

「もはやアーティスト。芸術に衰えはない」
「彼はスーパーサイヤ人」
「25歳くらいに見える。彼は我々に嘘をついているんだ」
「超一流」
「素晴らしい。あそこまで綺麗にはそうそうできない」

 スペイン代表として51キャップを刻み、ワールドカップにも2度出場。ベティス最後のタイトルとなっている2004-05シーズンの国王杯優勝を経験し、キャプテンも務めるホアキンは、新加入の乾にとっても頼れる存在となるだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング