イニエスタの8番継承は18歳? バルサ、カンテラ出身MFが奮闘「自信を感じさせ…」

バルセロナMFプイグ【写真:AP】
バルセロナMFプイグ【写真:AP】

ICCトットナム戦でA・ゴメスに代わって出場したプイグが見せ場を作る

 バルセロナにとって新シーズンの大きな課題は、ヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが抜けた中盤を誰が仕切るかだろう。現地時間28日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)トットナム戦(2-2)ではイニエスタが着用していた背番号8を、下部組織出身の18歳が着けてプレーしたことをスペイン紙「マルカ」などが注目している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 トットナム戦で、イニエスタの定位置だったインサイドハーフのスタメンに起用されたのはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス。しかし、ゴメスが負傷したことによって前半から出場チャンスが巡ってきたのはMFリカール・プイグだ。

「イニエスタがクラブを去って初めてバルサの背番号8をつける選手になった。18歳のプレーヤーは今や日本へと旅立ったプレーメーカーとは似つかない。しかし、彼は自信を持って(トットナム所属の)クリスティアン・エリクセン似の顔から自信を感じさせ、試合ではできる限りのことをした」

 同紙も“ポスト・イニエスタ”第1号として背番号8に恥じないプレーぶりを見せたとしている。試合後には本人もこのように語っている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング