フランス代表DFの“縦切りボレー弾”が全169得点の頂点! ロシアW杯ベストゴール選出

フランス代表DFパバール【写真:Getty Images】
フランス代表DFパバール【写真:Getty Images】

パバールがアルゼンチン戦で決めた衝撃の同点弾に栄誉

 FIFAは25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のベストゴールを発表。全64試合169ゴールの中で頂点に君臨した、フランス代表DFベンジャマン・パバールのダイレクトボレー弾だった。

 300万人以上のファン投票でベストゴールを選出。1位に輝いたパバールのゴールは、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦(4-3)で生まれた。1-2で迎えた後半12分、DFリュカ・エルナンデスが左サイドを突破しクロスを供給するも、ゴール前を通過し流れてしまう。しかし、パバールがここから強烈なゴールを叩き込むことになる。

 ペナルティーエリア手前まで駆け上がったパバールは、左サイドから流れてきたクロスに対し、ボールを押し出すように蹴るのではなく、縦に切るようにシュート。強烈な縦回転がかかったライジングシュートは、狙い澄ました矢のようにゴール左隅へと突き刺さった。フランスに貴重な同点弾をもたらしたこの一撃が、今大会のベストゴールに選ばれることになった。

 2位には、コロンビア代表MFフアン・キンテーロがグループリーグ初戦の日本戦で決めた、壁の下を抜ける技ありFK弾がランクイン。3位に入ったのはグループリーグ第2戦のアルゼンチン戦で決めた、クロアチア代表MFルカ・モドリッチのミドル弾だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング