ネイマールが自身の“過剰演技”に言及 「僕がタックルを受けたがっていると思うかい?」

“過剰演技”が批判の対象となっているネイマール【写真:Getty Images】
“過剰演技”が批判の対象となっているネイマール【写真:Getty Images】

世界で大流行の“ネイマールチャレンジ”は「ユーモアとして受け取っている」

 ブラジル代表FWネイマールはロシア・ワールドカップ(W杯)の主役となることが期待されたが、準々決勝でベルギーに1-2で敗れて早期敗退。5試合2得点の成績に終わった一方、大会を通した過剰な“ファウルアピール”が問題視されてきた。今やピッチを転げ回って痛がるリアクションは「ネイマールチャレンジ」と名付けられ、世界で大流行している。そうしたなか、この「ネイマールチャレンジ」についてネイマール自身がついに口を開いた。

 ネイマールはロシアで優勝候補筆頭とされたセレソンのエースとして、大きな期待を背負っていた。しかし、大会が始まるとプレー面でのパフォーマンス以上に、相手からのファウルを過剰に痛がってピッチを転げ回るオーバーリアクションに注目が集まり、非難が殺到していた。

 このアピールを皮肉った「ネイマールチャレンジ」が、インターネットを通じて世界中で大流行し、子どもたちから他競技の選手まであらゆる層の人々に浸透。また、先日にはネイマール本人が「ネイマールチャレンジ」の動画を自身のインスタグラムに投稿し、笑顔を見せていた。

 しかし、やはり心の底では不満も覚えていたようだ。本人がこの「ネイマールチャレンジ」について異論を唱えたことを、英紙「デイリー・ミラー」が「ネイマールがダイブのアピールについて、ついに口を開き、本当はどう思っているのか明らかにした」と見出しを打って伝えている。

「『ネイマールチャレンジ』は見ているよ。僕はユーモアとして受け取っているけどね。僕自身、子どもたちと一緒に動画も撮らせてもらって、インスタグラムに投稿したよ」

 ネイマールは自身を揶揄するこの流行に対しては寛容な姿勢を見せた一方、当の本人は決して悪意を持って転倒しているわけではないことを強調した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング