日本戦で思わず絶叫「CK失うな!」 ウクライナ人監督が告白「飛び跳ねて叫んだよ」

「私にとって、日本代表が主人公だった」とウクライナ人監督がW杯での日本に言及【写真:Getty Images】
「私にとって、日本代表が主人公だった」とウクライナ人監督がW杯での日本に言及【写真:Getty Images】

ソコロブスキ監督、ロシアW杯で「日本が主人公だった」と称賛 ベルギー戦終盤に言及

 ロシア・ワールドカップ(W杯)はフランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。
 
 FCメタルルフ・ドネツクなどで指揮を執ったウクライナ人のミハイロ・ソコロブスキ監督はロシアW杯を振り返り、「私にとって、日本代表が主人公だった」と言及。ベルギー戦の終盤に触れ、「TVに向かって叫んだ――『CKを失うな!』って」と告白している。ウクライナメディア「UA-Football」が報じた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「多くのチームが優れた守備組織を見せた。フランスの優勝は正当なものだったと思う」とロシアW杯を振り返ったのはウクライナ人のソコロブスキ監督だ。現役時代にシャフタール・ドネツクで長年プレーし、レジェンドとして知られる。

 そんな指揮官にとって、大会で最も目を引いたのは日本だったという。「私にとって、日本代表が主人公だった。日本は史上最高の結果にあと一歩のところまで肉薄していたんだ。ベルギーとの試合で素晴らしい試合をした」と称賛。その一方で、日本が2点リードしながらも追いつかれ、さらに後半アディショナルタイムに日本が得たCKからボールを奪われ、高速カウンターから失点した場面に触れている。

 決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突した日本は、後半開始早々にMF原口元気、MF乾貴士の連続ゴールで2-0とリード。しかし、後半途中から主導権を握られると2-2に追いつかれ、後半アディショナルタイムを迎えた。日本が左CKのチャンスを得るも、MF本田圭佑のキックは相手GKティボー・クルトワにキャッチされ、そこから高速カウンターで逆転弾を喫してしまう。

 その場面を回想したソコロブスキ監督は、「告白しよう。日本が土壇場でCKを獲得した時、私は飛び跳ねてTVに向かって叫んだんだ――『CKを失うな!』って」と明かしている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング