「アディオス」 本田圭佑、代表引退の“8大レジェンド”選出「忘れ難きサイクルの終焉」

「ワールドカップ後に代表チームから引退した8人の象徴的なフットボーラー」特集に本田圭佑が取り上げられている【写真:AP】
「ワールドカップ後に代表チームから引退した8人の象徴的なフットボーラー」特集に本田圭佑が取り上げられている【写真:AP】

英メディアがW杯後に代表チームを去った8選手を特集

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は、15日の決勝でフランスが4-2とクロアチアを下し、20年ぶり2度目の優勝で閉幕した。英サッカーメディア「90min」スペイン語版は「ワールドカップ後に代表チームから引退した8人の象徴的なフットボーラー」を特集。世界の名手たちが登場するなか、日本代表の一員として戦ったMF本田圭佑も取り上げられている。

 ロシアW杯は華々しく幕を閉じたなか、代表引退を決断した選手も少なくない。記事では出場32か国から8人の選手をリストアップ。「ADIOS(アディオス/さようなら)」と見出しを打ちつつ、次のように触れている。

「彼らは多くのものを残し、サッカーはいつも彼らに感謝を捧げる。各国の象徴的なフットボーラーたちは、この美しいスポーツの歴史の中で忘れ難きサイクルの終焉を迎え、2018年ワールドカップを終えて代表チームに別れを告げた」

 日本のライバルとして立ちはだかってきたオーストラリア代表のFWティム・ケーヒルは、17日に自身のツイッターで代表引退を発表。24歳で代表デビューを飾り、38歳まで第一線で戦い続けてきた。「代表のシャツを着た107試合のうち、最後の試合はペルー戦だった。50ゴールは同国最多。全てが伝説だ」と記事でも称賛している。

 また、2012年ロンドン五輪にオーバーエイジ枠で出場し、準決勝の日本戦でゴールするなど金メダル獲得に貢献した34歳のメキシコ代表FWオリベ・ペラルタも代表から退く。同じくメキシコからは史上3人目となる5大会連続出場を果たした39歳のDFラファエル・マルケスも別れを告げることになった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング