「あまりに繊細すぎた」 トルシエが見たベルギー戦の日本の脆さ「私の監督時代には…」

トルシエ氏は、ベルギー戦の逆転負けを「あまりに繊細すぎた」と持論を展開している【写真:Getty Images】
トルシエ氏は、ベルギー戦の逆転負けを「あまりに繊細すぎた」と持論を展開している【写真:Getty Images】

元日本代表監督がロシアW杯を総括、優勝した母国フランスではムバッペを絶賛

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は現地時間15日の決勝でフランスが4-2とクロアチアを下し、20年ぶり2度目の優勝を果たして幕を閉じた。元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏は中国メディア「新浪体育」の取材に応じ、ベルギー戦で2-0と一時リードしながらも2-3と逆転負けを喫した日本について「あまりに繊細すぎた」と持論を展開している。

 1998年フランスW杯以来となる母国のW杯優勝を受けて、トルシエ氏は「フランスは戦術を上手く駆使していたし、デシャン監督が選手個々の個性を最大限に生かしていた」と分析。ディディエ・デシャン監督は、ブラジルのマリオ・ザガロ氏、ドイツのフランツ・ベッケンバウアー氏に次ぎ、選手と指揮官の両方でW杯制覇を成し遂げた史上3人目の人物となった。トルシエ氏もチームをまとめ上げたデシャン監督の手腕を手放しで称賛している。

 そのなかで同氏は「特筆すべきはムバッペだ」と言及し、決勝でも1ゴールを挙げるなど、大会4ゴールと活躍した19歳FWキリアン・ムバッペの存在感が大きかったと指摘した。

「もしムバッペがいなければ、フランスがW杯で優勝していたかどうか分からない。ムバッペはスピードを駆使して攻撃のスペースを作り、フランスの攻撃はとても効果的に機能していた」

 その一方で、2002年日韓W杯大会で日本代表を率いて史上初のベスト16進出に導いたトルシエ氏は、日本代表についても口を開き、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦について「あの試合は理解できなかった」と切り出すと、次のように続けている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング