MVPモドリッチ、W杯制覇逃すもプライド貫く 「ベストチームがいつも勝つわけではない」

フランス戦でもフル出場し、ゴールデンボール(大会最優秀選手)に輝いた司令塔モドリッチ【写真:Getty Images】
フランス戦でもフル出場し、ゴールデンボール(大会最優秀選手)に輝いた司令塔モドリッチ【写真:Getty Images】

決勝でフランスに2-4で敗戦 「W杯で優勝したかった」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝はフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。そのフランスと同等以上のインパクトを残したのは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチだ。この日もフル出場し、ゴールデンボール(大会最優秀選手)に輝いた痩身の司令塔は、試合後に「ベストのチームがいつも勝つわけではない」と語ったと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 準決勝イングランド戦まで3試合連続で延長120分を戦い、フランスよりも1日短い中3日という過酷な日程でも、モドリッチはモドリッチだった。対峙するマーカーのMFエンゴロ・カンテ相手にも優位に立ち、クロアチアの攻撃を促進した。

「僕らが達成したことについては誇りを感じているけど、決勝で負けることは受け入れがたいことだよ。でも、僕らは最後まであきらめず、1-4となった時でもあきらめなかった。誰も責めようがない」

 試合の趨勢は後半途中に決まってしまったとはいえ、鉄壁のフランスを相手に2点を奪ったのは意地以外の何物でもない。その奮闘ぶりから大会MVP選出が発表されると、クロアチアサポーターだけでなく、会場のルジニキスタジアムの四方八方から万雷の拍手が起きた。

 これについてモドリッチは、「もちろん表彰されるのは嬉しいよ。でもW杯で優勝したかったんだ。今はとてもほろ苦く、悲しいんだ」と話すとともに、キャプテンらしくこんな言葉を残している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング