フランスvsクロアチア、新旧スター対決 1998&2018W杯「夢のベスト11」を海外紙選出

フランス代表「1998 & 2018年W杯混合ベスト11」【画像:Football ZONE web】
フランス代表「1998 & 2018年W杯混合ベスト11」【画像:Football ZONE web】

UAE紙が決勝を前に両国の混合ベスト11を作成 フランスはジダン、ムバッペらが共闘

 1カ月にわたって激闘が繰り広げられたロシア・ワールドカップ(W杯)も、残すところ決勝戦のみとなった。優勝を懸けた一戦は、母国開催の1998年W杯に初めて世界一に輝いたフランスと、同じ98年大会で3位となり今大会で初優勝を目指すクロアチアの顔合わせとなった。UAE紙「Sport360°」は決勝戦を前に、この20年前のメンバーと現メンバーからベストイレブンを選出。フランスは英雄MFジネディーヌ・ジダンや今大会で大注目の19歳神童FWキリアン・ムバッペらが名を連ねた。

 20年前、ジダンやFWティエリ・アンリを擁したフランスは、準決勝で当時“黄金世代”とみなされ初出場で飛躍を遂げたクロアチアと対戦し、2-1で勝利。そして迎えた決勝では連覇を狙う強豪ブラジルに3-0で快勝し、母国で初のW杯優勝を果たした。

 そして今大会のフランスは、この98年大会で主将を務めたディディエ・デシャン監督の下で、若いメンバーが躍動。スピードスターのムバッペやFWアントワーヌ・グリーズマンなどが決勝進出に貢献してきた。同紙の記事では、この2大会の出場メンバーからベストイレブンが選ばれた。

 守護神は現代表からトットナム所属のGKウーゴ・ロリス。今大会では重要な場面で何度かフランスの窮地を救っており、特に準決勝ベルギー戦の前半22分、DFトビー・アルデルヴァイレルトが放ったシュートのセーブは文句なしのものだった。

 最終ラインは4枚で、サイドバックは右に20年前の準決勝で2得点を挙げクロアチア撃破の立役者となったDFリリアン・テュラム、左はバイエルン・ミュンヘン時代にUEFAチャンピオンズリーグ1回、ブンデスリーガを6回制覇し、このポジションでは史上最高の選手の一人と呼び声の高いDFビセンテ・リザラズがメンバー入り。センターバックには現メンバーから平均クリア数6.5回、平均空中戦勝利数4回と頼れるDFラファエル・ヴァラン、98年メンバーからレジェンドのDFマルセル・デサイーが選ばれた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング