「ミラクル」「僕らはライオンのようだった」 殊勲のクロアチアFW、不屈の闘志誇る

イングランド戦で決勝点を挙げたマンジュキッチはクロアチアの戦いを誇った【写真:Getty Images】
イングランド戦で決勝点を挙げたマンジュキッチはクロアチアの戦いを誇った【写真:Getty Images】

延長後半にマンジュキッチが値千金弾、イングランドを破り史上初のW杯決勝進出

 クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチはロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝イングランド戦で決勝点を挙げ、母国を史上初の決勝に導いた。ユベントスでプレーする長身ストライカーは「ミラクル」、「僕らはライオンのようだった」と試合を振り返った。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

 モスクワのルジニキ・スタジアムで現地時間11日に行われた準決勝も激戦となった。前半5分にイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが直接FKを叩き込んで先制すれば、クロアチアも後半23分にMFイバン・ペリシッチが左足を高く上げたジャンピングボレーで同点に追いついた。

 試合はクロアチアにとっては3試合連続、イングランドにとっては16強コロンビア戦以来2度目の延長戦に突入。そして延長後半4分、ペリシッチが頭でつないだパスをマンジュキッチは振り向きざまの左足ボレーでゴールへ叩き込んだ。

 この結果、クロアチアは同国史上初となる決勝戦へ駒を進めた。殊勲のマンジュキッチは「これはミラクルだ。僕らのように勇敢だった偉大なチームだけが、イングランドを相手にビハインドから応戦することができるんだ」と興奮気味に試合を振り返った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング