フランスとベルギーの4強決戦は一進一退の攻防 両GKの好守も光り0-0で後半へ

フランス対ベルギーは前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】
フランス対ベルギーは前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】

得意のカウンターを繰り出すも両チームの守備は崩れず

 ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝のフランス対ベルギーの一戦は、どちらも譲らない一進一退の試合展開の中で、0-0で前半を終えた。

 フランスはMFブレーズ・マテュイディが出場停止から復帰し、この日は4-3-3でスタート。一方のベルギーはMFトーマス・ムニエが出場停止で、前線が少し変則的な4-3-3で試合に入った。

 フランスはMFエンゴロ・カンテをマイボール時に下げてポゼッションしようとしたが、ベルギーもフリーな選手を出さない組織的な守備で対応。試合は次第にベルギーがボールを持つ時間が長くなった。ベルギーはFWエデン・アザールが左サイドに開いて、MFマルアン・フェライニがゴール前に入り込み、逆サイドからFWケビン・デ・ブライネが中央に進出する攻撃で、フランスゴールに迫った。

 一方のフランスも最終ラインとGKウーゴ・ロリスの好守もあり無失点でゲームを進めると、少しずつ攻勢に出る時間も増やした。まさに一進一退の試合が続き、前半はスコアレスで終了。試合は後半勝負となった。

 フランスは自国開催で優勝した1998年大会以来2回目、ベルギーは初の決勝進出を目指している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング