ブラジル守護神、ベルギー戦黒星に悲痛な思い 「神の意志を受け入れなければならない」

アリソンがベルギー戦後に悲痛な思いを吐露【写真:Getty Images】
アリソンがベルギー戦後に悲痛な思いを吐露【写真:Getty Images】

過去4試合でわずか1失点も、ベルギーに2点を奪われてベスト8敗退

 ブラジル代表は現地時間6日のロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でベルギー代表に1-2で敗れ、ベスト8で姿を消した。ゴールマウスを守ったGKアリソンは、試合後に「神の意志を受け入れなければならない」と語った。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が報じている。

 ブラジルは今大会、決勝トーナメント1回戦までの4試合でわずか1失点。準々決勝の開始前時点ではウルグアイと並ぶ最少だったが、ベルギーには2点を奪われ、そのビハインドを最後まで取り戻すことができなかった。

 アリソンも「ディフェンスはあまり機能しなかった。今日まで、多くのシュートを受けることはなかった。それだけ、よく守るチームとしてやってきた」と守備面での機能不全を悔やむ。この日はベルギーが4バックを採用し、これまでボランチやインサイドハーフに入っていたMFケビン・デ・ブルイネが“偽の9番”としてトップに入り、FWエデン・アザールとFWロメル・ルカクが両ウイングに張り出した。

 ブラジルはベルギーの攻撃に手を焼き、効果的な守備ができなかったが、アリソンは「2点目を与えてしまった後、彼らには大きなスペースを与えた。それでもよく攻めたと思うし、相手のGKも良いプレーをした。フィールドでは最善を尽くした」と振り返った。

「サッカーでは、結果が期待通りにならないことがある。我々は大きな期待を背負っていた。とても難しく、痛い気持ちだが、頭を上げて去らなければいけない。もっと良い結果を望んだが、神の意志を受け入れなければならない」

 ブラジルは2002年日韓W杯以来の優勝を目指したが、その道のりはベスト8で終わった。今夏の移籍市場ではレアル・マドリードへの移籍も取り沙汰される守護神は、沈痛な面持ちでインタビューに応じていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング