敗軍の将チッチ、勝負を分けた両チームの“違い”に言及 「それは傑出したものだった」

セレソンの指揮官として初黒星を喫したチッチ監督【写真:Getty Images】
セレソンの指揮官として初黒星を喫したチッチ監督【写真:Getty Images】

猛攻を仕掛けるも好セーブでそれを凌いだベルギーGKクルトワを称賛

 ブラジル代表は現地時間6日、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でベルギー代表に1-2で敗れ、ベスト8で姿を消した。チッチ監督は、両チームの差を分けた存在として、ベルギー代表GKティボー・クルトワの名を挙げている。ポルトガル紙「Libero」が報じた。

 2016年6月に就任したチッチ監督は、2年間無敗で今大会を迎えた。FWネイマール、MFフィリペ・コウチーニョらを擁して優勝の本命に挙げられていたなか、FIFAランキング3位の“レッドデビルズ”(赤い悪魔)に力負け。セレソンの指揮官として初黒星を喫したチッチ監督は、試合後に両チームの“違い”について言及した。

チッチ監督は、両チームの差を分けた存在として、クルトワの名を挙げた【写真:Getty Images】
チッチ監督は、両チームの差を分けた存在として、クルトワの名を挙げた【写真:Getty Images】

 「クルトワの存在が違いを生み出していた。それは傑出したものだった」

 チッチ監督はベルギーの守護神クルトワの名前を挙げ、賛辞を送った。また、ブラジルの不運について尋ねられると、57歳の指揮官はそれを否定している。

「チャンスを創出して攻撃を仕掛けても、相手陣地には目を見張るGKが立ちはだかっていた。ベルギーはトップレベルのプレーヤーを擁している。フットボールではチャンスはわずかだ。だが、それと運を直結させるのは好きじゃない。運について話すことは、大会を侮辱するのと同じだ」

 ブラジルは多くのチャンスを生み出したものの、なかなかゴールにつなげられず、逆にベルギーは数少ないチャンスをモノにしてみせた。なかでも、好セーブを連発したクルトワの活躍が印象的で、「クルトワはラッキーだったのではない。単に素晴らしかったんだ」とチッチ監督も脱帽していた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング