21歳FWジェズス、ブラジル代表史上44年ぶりの屈辱 CF務めた「9番」でW杯無得点

 期待されたジェズスだったが、W杯をノーゴールで去ることになった【写真:Getty Images】
期待されたジェズスだったが、W杯をノーゴールで去ることになった【写真:Getty Images】

1974年大会のFWセーザル・マルコ以来とブラジルメディアが批判

 ブラジル代表のストライカーとして期待されたFWガブリエル・ジェズスは、ロシア・ワールドカップ(W杯)をノーゴールで去ることになった。母国メディア「グローボ・エスポルチ」は、セレソン史上44年ぶりの屈辱と批判している。

 ジェズスは所属するマンチェスター・シティで公式戦42試合出場17ゴールで、プレミアリーグを圧倒的な成績で優勝したチームの前線に君臨していた。21歳の若さにして王国の「9番」を背負ったジェズスだったが、このロシアW杯では5試合すべてに出場してノーゴール。準々決勝のベルギー戦でも、得点を決めることができなかった。

 記事では「ブラジルの9番を背負ってセンターフォワードとしてプレーした選手で、W杯でノーゴールなのは1974年以来だ。なんてことだ」と批判されている。

 1974年の西ドイツW杯でブラジルは4位だったが、その時の「9番」だったFWセーザル・マルコはノーゴールだった。その後は2トップが「7番」のFWベベットと「11番」のFWロマーリオで、「9番」を中盤のMFジーニョがつけた94年アメリカW杯を除き、各大会の背番号9はブラジルのセンターフォワードとして1得点以上を奪っている。

 ジェズスはこのW杯で完全なる不発に終わり、ブラジル史上44年ぶりとなる不名誉な記録を打ち立ててしまった。若きストライカーは、この悔しい経験を糧にセレソンの絶対的な「9番」として復活することができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング