日本撃破のベルギーがW杯で頂点に立つには? 英紙記者が指摘する赤い悪魔の“宿題”

ノースクロフト記者は、ベルギー代表が日本戦で残した“宿題”について言及している【写真:Getty Images】
ノースクロフト記者は、ベルギー代表が日本戦で残した“宿題”について言及している【写真:Getty Images】

マルティネス監督の元番記者はシステムの改善点を指摘

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で西野ジャパンの躍進を止めたのは、“レッドデビルス”(赤い悪魔)の異名を取るベルギー代表だった。FIFAランク3位の強豪は主将のFWエデン・アザールらスター選手を数多く擁するが、現地時間6日の準々決勝で対戦するのはサッカー王国ブラジルだ。今大会屈指のマッチアップとなるが、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督の番記者を長年務めた、英紙「サンデー・タイムズ」のサッカー担当キャップ、ジョナサン・ノースクロフト記者は日本戦で残した“宿題”について言及している。

「個人的には、日本戦のシステムではベルギー代表は個々のタレントの高いクオリティーを生かしきれていない気がする」

 マルティネス監督が2013-14シーズンから2015-16シーズンまで率いたエバートン時代、その直前のウィガン時代にも番記者を務めていたノースクロフト記者は、マルティネス監督の3-4-3システムに改善の余地があるのでは、と分析している。

 指摘の大きな根拠として、システム上の理由でポテンシャルを制限されているスター選手がいるという。

「特にケビン・デ・ブライネだ。守備での負担を相当求められてる分、シティで披露している創造性は姿を消してしまっている。3-4-3よりもプレミアで慣れ親しんでいるシステムの方が、8番として伸び伸びとプレーできるだろう」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング