韓国メディアがW杯「日韓比較論」を展開 西野Jのパスワーク絶賛、自国の戦術には…

韓国国内でも日本の戦いを褒め称える声がある一方で、韓国代表との“日韓比較論”も多く見られるようだ【写真:Getty Images】
韓国国内でも日本の戦いを褒め称える声がある一方で、韓国代表との“日韓比較論”も多く見られるようだ【写真:Getty Images】

日本対ベルギー戦は「名勝負」 ポゼッションは「世界の強豪にも通用」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦で、日本代表がベルギーに2-3で敗れたが、優勝候補を追い詰めた日本のプレーに世界各国が称賛を送っている。韓国国内でも日本の戦いを褒め称える声がある一方で、韓国代表との“日韓比較論”も多く見られる。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 総合ニュースサイト「クキニュース」は、ベルギー相手に惜敗した日本代表について、「この試合を含め、W杯期間に見せた試合内容は相当なものだった。強豪相手に個人技やフィジカルで劣っていたとしても、正確で速いパスをつないで、それらを補った。得点チャンスを作る過程も良かった」と称賛を送っている。

 また「日本の正確なパスプレーがあまりにもうらやましい」、「韓国が日本に勝つことができるのか」と韓国と比較するネットの書き込みについても紹介した。

 そのうえで同サイトは「実際に韓国代表は今回のW杯で、FIFAランキング1位のドイツを破る快挙を成し遂げたが、それ以外はこれといったシーンを演出できなかった。特にスウェーデン戦は枠内シュートゼロに終わった。根本的な改革と改善がなければ、韓国サッカーは4年後、再び停滞する可能性が高い。韓国サッカーも変わらなければならない」と、韓国代表の未来を懸念している。

 また総合ニュースサイト「デイリーアン」も、日本とベルギーの一戦を「最高の楽しさを見せた名勝負と言っても過言ではない試合だった。勝者はベルギーだったが、日本もまた主人公となるのに遜色ないプレーを見せた」と手放しで称賛した。

 さらに「日本特有のポゼッションサッカーが、世界の強豪を相手にも十分通用することを証明した大会」と伝えつつ、韓国とも比較し「日本が自分たちのカラーを出しながら16強に進出した反面、韓国はグループリーグで相手のサッカーに引き込まれるシーンが目立った。勝算があったスウェーデン戦とメキシコ戦では、基本的な技術を疑ってしまうほどのミスが多く、それが敗退の致命傷となった。日本にはそうしたミスがなかった」と伝えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング