元ドイツ代表FWクリンスマン、敗れた西野ジャパンに賛辞 「トップクラスのカウンター」

ベルギーを追い詰めたサムライブルーの攻撃は、海外メディアでも称賛されている【写真:Getty Images】
ベルギーを追い詰めたサムライブルーの攻撃は、海外メディアでも称賛されている【写真:Getty Images】

元イングランド代表キーオン氏は乾のゴールを称賛「矢のような一撃」

 日本代表は現地時間2日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。後半に一時2点のリードを奪ったが、怒涛の反撃を防げずに2-3で逆転負けを喫した。しかし、FIFAランキング3位で優勝候補の一角に推されているベルギーを追い詰めたサムライブルーの攻撃は、海外メディアでも「トップクラスのカウンター」「矢のような一撃」と称賛されている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 後半開始早々の3分だった。日本は自陣でボールを奪うと、MF柴崎岳がドリブルで持ち込み、センターサークル内から相手最終ラインの背後へ鋭いスルーパスを送った。

 このパスはベルギーDFヤン・ヴェルトゲンの守備範囲だったが、カットし切れずにMF原口元気の足元へ渡った。原口はタイミングをずらして右足を振り抜くと、ボールはGKティボー・クルトワの手をすり抜けてゴール左サイドネットを揺らした。

 英公共放送「BBC」で解説を務めた元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏は「(日本の)1点目はトップクラスのカウンターだった」とそのクオリティーの高さを評価した。

 さらに、後半7分にはMF乾貴士が右足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。無回転シュートはまたも名手クルトワの牙城を崩した。

 このゴールには元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏も「日本はなんてクリーンなフットボールなんだ。(乾のシュートは)矢のような一撃で、あの距離からトップGKを破った。パワーと正確性のあるワンダフルな一撃」と称された。

 その後に3失点してまさかの大逆転負けを喫した日本。しかし、今大会2得点を決めた乾や原口、攻撃を司った柴崎などアタッカー陣は大きなインパクトを残したようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング