神童ムバッペ、往年の名FWトリオから称賛の嵐 「全て持っている」「誰もが拍手」

ムバッペはアルゼンチン戦で2ゴールを奪い、マン・オブ・ザ・マッチに選出された【写真:Getty Images】
ムバッペはアルゼンチン戦で2ゴールを奪い、マン・オブ・ザ・マッチに選出された【写真:Getty Images】

ドログバの称賛論調に、シアラー、クリンスマンも同意

 フランス代表FWキリアン・ムバッペは、6月30日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦(4-3)で2ゴールを奪い、FIFA(国際サッカー連盟)のマン・オブ・ザ・マッチに選出。2度のプレミアリーグ得点王など、数々の得点記録を持つ元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(フェニックス・ライジングFC)は、「彼は全てを持っている。19歳にして完全なストライカーだ」と絶賛した。

 ムバッペはアルゼンチン戦の前半11分に高速ドリブルからPKを奪取。これをチームメイトのFWアントワーヌ・グリーズマンが成功させ、先制点の起点となった。さらにそれだけで終わらないティーンエイジャーは、後半19分、23分と今度は自らゴールを決め、4-3の勝利に大きく貢献した。

 英公共放送「BBC」の番組に、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏、元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏、元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏らと出演したドログバは、「彼は全てを持っているね。彼は19歳にして完全なストライカーだ」とムバッペのプレーを高く評価した。

シアラー、ドログバ、クリンスマンがムバッペを称賛している【写真:Getty Images】
シアラー、ドログバ、クリンスマンがムバッペを称賛している【写真:Getty Images】

 また、ドログバの意見にシアラー氏も同意。「猛烈な勢いやテクニック、ゴール、ボールタッチ。彼は多くのものを持っているね。ここに4人のストライカーがいるが、誰もがムバッペに拍手を送っているよ」と称えている。

 加えてクリンスマン氏も「彼には大きな可能性がある。これから彼には多くのことが起こるだろうけど、地に足をつけて進んでいけば彼が望むことができると思う」と10代の行く末に対してアドバイスを送っていた。

 往年の名ストライカーから称賛されているムバッペ。準々決勝以降の戦いにはより一層の注目が集まりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング