スペイン黄金期を支えた名監督が選ぶ「ロシアW杯ベスト11」 唯一選んだ教え子とは?

スペイン代表のデル・ボスケ元監督が選んだ「ロシアW杯ベスト11」【画像:Football ZONE web】
スペイン代表のデル・ボスケ元監督が選んだ「ロシアW杯ベスト11」【画像:Football ZONE web】

スペインを2010年W杯初制覇に導いたデル・ボスケ元監督

 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で、スペインを初優勝に導いたビセンテ・デル・ボスケ元監督が、スペイン紙「マルカ」の「マイトップイレブン」企画に参戦。今回のロシアW杯に出場している選手の中から自身が選ぶベストイレブンを選出した。

 デル・ボスケ元監督はW杯制覇だけでなく、08、12年の欧州選手権で連覇に導くなど、スペインの黄金期を築いた。16年の欧州選手権敗退後に代表監督を辞任。8年間の長きに渡る指導を終えている。

 そんな名監督が、自身の選ぶベストイレブンを選出している。

 守護神には、怪我が心配されたものの、しっかりと本番に合わせてきたGKマヌエル・ノイアー(ドイツ)を選出。4バックには、右からDFカイル・ウォーカー(イングランド)、DFチアゴ・シウバ(ブラジル)、DFサミュエル・ウムティティ(フランス)、そしてDFマルセロ(ブラジル)を選んだ。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング