韓国に世代交代の波? 主将キ・ソンヨンとク・ジャチョルに代表引退の可能性浮上

韓国代表の(右)キ・ソンヨンと(左)ク・ジャチョルに代表引退の可能性が浮上している【写真:AP&Getty Images】
韓国代表の(右)キ・ソンヨンと(左)ク・ジャチョルに代表引退の可能性が浮上している【写真:AP&Getty Images】

韓国メディアが報道 近年の代表をけん引してきた二人が重大な決断か

 韓国代表のキャプテン、MFキ・ソンヨン(スウォンジー)が代表を引退するのではないかと、韓国で報じられている。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ成績を1勝2敗で終えた韓国。最終戦でドイツに2-0で勝利したが、キ・ソンヨンは負傷によりこの試合に出場しなかった。

 スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は、「ドイツ戦終了後、試合に出場しなかったキ・ソンヨンがミックスゾーンに姿を現さなかった。それには意図がある。現時点でインタビューを受けるのは難しいと、現場で判断したと推測される。今大会を最後に代表引退を考えているという話があるからだ」と報じている。

 また、MFク・ジャチョル(アウクスブルク)も、代表引退の可能性があると伝えられている。

 同サイトの記者がク・ジャチョルに、キ・ソンヨンの代表引退の可能性について聞いたところ、「あ……。とにかくたくさん話をしました。協会側と話もしていませんし、公式的に何かを話すにはまだ早い」と多くを語らなかったという。

 キ・ソンヨンとク・ジャチョルはともに29歳。2012年ロンドン五輪、2014年ブラジルW杯にも出場するなど代表歴は長い。来年1月にはUAEで開催されるAFCアジアカップが控えているため、まだ決断は早いようにも思えるが、いよいよ韓国代表にも世代交代の波が訪れているようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング