ポーランド戦、日本ベンチで一時意見が分裂 「どうすんねん?」「行かなあかんやろ!」

当初はゴールを狙うべきとの声も浮上したが…「無理するところではないという判断」

 日本が0-1と劣勢のなか、他会場のセネガルが1点を返してドローに持ち込めば、日本は3位で敗退というシビアな状況だった。それを受けて日本ベンチの中でもゴールを狙いに行くべきという声もあったようだ。

もっとも最後は西野朗監督が方向性を定め、長谷部投入という形でチームの意思を統一。ブーイングを浴びた終盤のパス回しはその結果だが、その際にはすでにチームのやるべきことは明確化され、選手たちの間にも迷いはなかった。

「他会場の結果もあったし、無理するところではないという判断で、選手たちもああいうプレーになった」

 最後はチーム一丸となってプランを貫徹。試合には敗れたものの、思惑通りにイエローカード差でセネガルを上回り、グループ2位で16強進出を決めている。

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング