ポーランド戦、日本ベンチで一時意見が分裂 「どうすんねん?」「行かなあかんやろ!」

試合終盤の消極的なパス回しについて、宇佐美貴史がその時の様子を明かした【写真:AP】
試合終盤の消極的なパス回しについて、宇佐美貴史がその時の様子を明かした【写真:AP】

長谷部投入で意思統一 宇佐美「監督の判断は理解できる」とベンチの様子を明かす

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗れた。試合終盤に消極的なパス回しをしてスタンドからはブーイングも発生したが、日本ベンチでは当初意見が割れていたようだ。MF宇佐美貴史が、その時の様子を明かしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ポーランド戦、引き分け以上で日本の自力でのグループリーグ突破が決まるなか、後半14分に先制点を献上。1点を追う状況となるなか、他会場でコロンビアが先制した情報が入ると、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。

「お互いに3試合目で暑さもあって疲弊しているなか、相手はこのままなら勝てる。僕らは決勝トーナメントに行けるという難しさはあったけど、長谷部さんを入れた時にハッキリとこのままで行こうとなったと思う」

 そう振り返ったのは宇佐美だ。ポーランド戦では左サイドハーフでW杯初スタメンを飾ると、果敢なドリブル突破で脅威を与えたが、先制点献上後の後半20分にMF乾貴士と交代しピッチから退いた。それから後半37分にMF長谷部誠が投入されるまで、ベンチでは意見が割れていたようだ。宇佐美がその時の様子を語る。

「ベンチでは『セネガルが1点取ったらどうすんねん?』『行かなあかんやろ!』という話も、もちろんあった。そのなかで、全員の共通理解を図るには、スタジアムの雰囲気の中で難しいので、長谷部さんを入れて伝えるという監督の判断は理解できるし、このまま終わってくれと祈るというか……」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング