ベルギー代表監督が“日本無視”の記者の質問を制止 「理想的なシナリオを描けない」

ベルギーのロベルト・マルティネス監督【写真:Getty Images】
ベルギーのロベルト・マルティネス監督【写真:Getty Images】

マルティネス監督は日本戦にフォーカス「我々が考えられるのは日本戦のみ」

 ベルギー代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でイングランドを1-0と撃破。3連勝でグループG首位通過を果たした。決勝トーナメント1回戦で日本と対戦することが決まったなか、記者から準々決勝でブラジルと対戦する可能性について問われたロベルト・マルティネス監督は、「我々が考えられるのは日本戦だけ。それが最も重要」と語ったという。ベルギー紙「HLN」が報じている。

 パナマ、チュニジアを破り、2連勝でイングランド戦を迎えた“レッドデビルズ(赤い悪魔)”は、MFケビン・デ・ブライネ、MFエデン・アザール、FWロメル・ルカクの“ビッグ3”を筆頭に、守護神ティボー・クルトワ以外の選手を温存しながら強豪イングランド相手に勝利をもぎ取った。

 マルティネス監督は試合後の記者会見で、「勝利は最も重要なものではない。みんなでどこまでも勝ち抜ける集団を作ることが大事。この勝利は結果に過ぎない」と言及。7月2日の決勝トーナメント1回戦で当たる日本は主力6人を入れ替えたが、それ以上のターンオーバー制を敷いたスペイン人指揮官は選手のコンディショニングこそが重要と力説した。

 その一方で、「ブラジルと準々決勝で対戦できますが?」と記者から問われると、次のように返したという。

「理想的なシナリオを描けない。好チームもすでに敗退している。他のチームだって敗退危機に立たされていた。自分たちを見つめることしかできない。我々が考えられるのは日本戦のみ。それが最も重要だ」

 日本とベルギーの勝者は、ブラジル対メキシコの勝者と対戦するが、マルティネス監督は西野ジャパンをしっかりとロックオンしていた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング