先発6人交代の日本、ポーランドと一進一退の攻防 川島ビッグセーブ、0-0で折り返す

日本対ポーランドは前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】
日本対ポーランドは前半を0-0で折り返した【写真:Getty Images】

膠着した状態が長かった前半 引き分け以上で自力での決勝T進出

 日本代表が決勝トーナメント進出を懸けた一戦は、膠着した状態が続いている。現地時間28日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦は、前半をスコアレスで折り返した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗監督は、この運命の一戦に向けスタメン6人を入れ替える大胆采配。センターバックにDF槙野智章、中盤にMF山口蛍を起用し、前線は総入れ替え。FW岡崎慎司とFW武藤嘉紀、左にMF宇佐美貴史、右にはサイドバックが本職のMF酒井高徳を起用した。

 序盤からポーランドはそれほどプレスに来ず、日本はボールを持たせてもらえる時間が長くなった。立ち上がりはミスも多かったが、前半12分に岡崎がダイビングヘッド、1分後に武藤がミドルシュートを放ったあたりから、チームには落ち着きが出た。

 なかなか決定機を作れない日本は、同32分に大きなピンチを迎える。右からのクロスにMFカミル・グロシツキが放ったヘディングシュートは、ゴール右隅へ飛んだ。そのボールに食らいついたGK川島永嗣は、右手を伸ばしてなんとかセーブ。ゴールラインテクノロジーの映像を見ると、ボールは半分以上がゴールラインを越えていた。2試合連続でミスから失点に絡んだ川島は、この3戦目でチームを救うビッグセーブを見せた。

 膠着した時間が長かった前半は、このまま0-0で終了。日本は引き分け以上で自力、セネガル対コロンビアの結果次第では敗れても決勝トーナメント進出を決められる。

 その同時刻開催の試合も0-0で前半を終えた。両会場がこのまま終了した場合は、日本とセネガルがグループリーグを突破。勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並ぶ両者は、反則ポイントで順位が決まり、現時点ではイエローカード2枚差で日本が1位となる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング