「W杯に消化試合はあり得ない」 西野監督、グループリーグ敗退のポーランドを警戒

西野監督、グループリーグ敗退のポーランドを警戒【写真:Getty Images】
西野監督、グループリーグ敗退のポーランドを警戒【写真:Getty Images】

引き分け以上でグループリーグ突破決定「日本らしいサッカーを引き続きやりたい」

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦に臨む。前日会見に出席した日本の西野朗監督は「W杯に消化試合はあり得ない」とコメント。2連敗ですでに敗退が決まっているポーランドに対して警戒を強めた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 19日のW杯初戦コロンビア戦で2-1と金星を挙げた日本は、24日の第2戦セネガル戦で2-2と打ち合いを演じて勝ち点1を獲得。2試合を終えて、セネガルと勝ち点4で並ぶも反則ポイント差で日本が首位に立っている。3位が勝ち点3のコロンビア、最下位が2連敗で敗退が決定しているポーランドだ。

 日本はポーランド戦で引き分け以上だと決勝トーナメント進出が決まる。仮に敗れた場合、セネガルがコロンビアに勝利すると日本の突破が決定し、両国が引き分けると日本の敗退となる。逆にコロンビアがセネガルに勝利した場合、日本とセネガルが勝ち点4で並び、得失点差・総得点・当該チーム成績・反則ポイント・抽選の優先順位で決まる。

 すでに敗退しているポーランドだが、西野監督は「W杯に消化試合はあり得ない」と警戒しつつ、“日本らしい”サッカーを展開したいと思いを口にした。

「しっかりボールを味方につけて日本らしいサッカーを引き続きやりたい。決して崩せない相手ではないと思っている。ボールを生かし、人もボールも動く、日本らしいクイックネスを持ってゴールに向かっていきたい」

 果たして2002年、2010年以来、三度目となるグループリーグ突破を決められるか。西野監督の手腕に注目が集まる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング