タイミングはベスト、GK川島が次戦で先発落ち!? 論争過熱、西野監督の決断やいかに

川島は2試合続けて不安定な対応を露呈している【写真:Getty Images】
川島は2試合続けて不安定な対応を露呈している【写真:Getty Images】

セネガル戦で川島のパンチングミスから失点、試合後にGK陣で反省会も

 日本代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2節のセネガル戦で2-2と引き分けた。GK川島永嗣がパンチングミスから失点を招くなど課題を露呈したなか、GKを巡る論争が過熱している。

 川島はここまで2試合連続フル出場を飾っている一方、19日のW杯初戦コロンビア戦(2-1)では壁の下を通された低弾道FKに対して反応が遅れ、身体ごとゴールに突っ込んで失点を許した。またセネガル戦では、シュートに対してパンチングで対応も、そのこぼれ球を相手FWサディオ・マネに押し込まれている。

 2試合続けて不安定な対応を露呈したGK川島を巡って、メディアやファンの間でも様々な意見が噴出し、スタメン落ちを主張する声も強まるなど論争が過熱中だ。川島のプレーについてはGK陣で反省会が開かれており、「キーパーコーチとGK陣でどうしたら良かったのかというのは、もちろん話し合いはあった」とGK東口順昭が明かしている。セネガル戦の失点について、東口は「結果論」としながらも、「結果的にはキャッチしたら良かったとなる」と見解を示した。

「試合後に話をした。永嗣さん自身も『安全にいきすぎた』と言っていた。失点したら何かしら原因はあると思うので、そこは修正するところ」(東口)

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング